喪女マスかき白書

23歳喪女(ここまで浮いた話なし)がその時したオナニーについて報告するだけの日記(だったはず)です。生きてるだけでハッピネスです。

心の竿が萎える時

オナニーひとつするにもおかずが必ず必要なのは、普通のことなんでしょうか。現実で同性とも異性ともそういう話をする機会がないため分かりません。
少なくとも自分はそうです。

さて、そんなわけで今はさあ!マスをかかん!とAVのサンプル動画巡りをしている最中でした。
1時から1時間おかずを探して、2時から30分程オナニーするという計画まで立てていました。

ええ。たった今、ディルドでオナニーする女優特集、ただしBGMがスーパードンキーコングな動画に出会うまでは。

萎えるって感覚、萎えるものがないけれどちょっぴり理解できた気がします。
今夜はきっと、ディクシーコングを巨根で寝取る2代目ドンキーコング淫夢を見る。