喪女マスかき白書

23歳喪女(ここまで浮いた話なし)がその時したオナニーについて報告するだけの日記(だったはず)です。生きてるだけでハッピネスです。

ブラッディサタデー

おはよう御座います。
ブログを開設した途端に生理が始まってしまい、仕事帰りに表紙買いした「君は淫らな僕の女王」を読みながら悶々していました。
どうやら自分は女性のオナニーしてるシーン(漫画・実写・文章)に自己投影して興奮する事が多いようです。

--6/27オナニー 6:20〜6:30頃--
今日のおかず:「君は淫らな僕の女王」/集英社

パンツ&分厚い夜用ナプキンの上から刺激を開始。
あぐらをかいて、踵でクリトリス・膣のあたりをぐりぐり圧迫する。
既に結構興奮していて、圧迫だけでも下腹部が疼く感覚がする。でも刺激が足りない。
なので、寝転がって大股を開き、パンツ越しにボールペンでクリトリス部分を円状にこね回す。見てないけれど、クリトリスがぴんぴんに硬くなっているのを感じた。
その後5分もしないうちにぴくっと腰が浮くような感覚にまで昇りつめ、満足。血か汁か分からないけれど股がじんわりと熱かった。
--
生理中だから直接触ってもいないし、オナニーとは呼べないかもしれない。
欲求をおさめられない時にムラムラしやすいよう肉体を創った神の御技は、完全に設計ミス。